芦ノ湖

Date: 12/08/13   Category ブラックバス,ポイント,神奈川

神奈川・日本で初めてバスが移植された、バスフィシングの発祥の地

芦ノ湖

芦ノ湖は、日本で初めてブラックバスが移植された湖と知られる、いわば日本のバスフィッシングの発祥の地である。

この湖の水質はクリアで、一年を通じ激しい水位の変化はあまりみられない。釣季は3月1日から12月の第3日曜日まで。というのも、12月から2月までは禁漁期間となるからだ。

  • 深良水門
  • 早川水門
  • 九頭竜


大きな地図で見る


このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

相模湖...
相模湖 神奈川 ブラックバス ポイント 天狗岩桟橋周辺から最上流の上野原まで「立ち木」「岩壁」「静水...
多摩川...
都心からほど近いブラックバスポイント 多摩川 魚種 オオクチバス スモールマウス 雷魚 ナマズ シー...
神流湖...
群馬・埼玉の県境のメジャー・フィールドの神流湖 バスが確認されたのは70年代の初めのという、関東では...
鶴見川...
神奈川のブラックバス・フィールド鶴見川 フィールド情報 鶴見川(つるみがわ)は、東京都および神奈川県...
震生湖...
神奈川のブラックバスポイント・震生湖 フィールド情報 震生湖(しんせいこ)は、大磯丘陵北部、神奈川県...
This entry was posted in ブラックバス, ポイント, 神奈川 and tagged , , by 管理人. Bookmark the permalink.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

全国のブラックバスフィシングポイント

北海道・東北

関東

甲信越・北陸

東海

関西

中国

四国

九州